格安(初期費用無料)のパソコン&スマートフォンのホームページ制作・ECサイト制作インターネットツール・新時代商売繁盛ツール・a-spcc(エースペック)-大阪・京都|C&C株式会社

a-spcc Blog エースペックブログ

カレンダー
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
  1. HP・ブログ・SNSで「使っていい写真」と「使えない写真」の見分け方
  2. 研修会をしてきました♪
  3. 似顔絵などイラストのご発注を頂く機会が増えました!
  4. グーグルデジタルワークショップを受講してみた!
  5. カナート洛北様のホームページにて
    ハロウィンラッピング実施中!
  6. ホームページを更新したのに反映されない時の対処法
  7. 綺麗なホームベージは効果があるのか
  8. ホームページの検索キーワードは正しく設定されていますか?
  9. ホームページで上手にinstagramを取り入れているサイト5選!!
  10. Flashが……サービス終了!?
カテゴリ
アーカイブ
2017/10/11

ホームページの検索キーワードは正しく設定されていますか?



今回はキーワードの話です。
日々、ホームページがyahooやgoogleから検索されるよう、
キーワードを設定されているかと思います。

果たして、そのキーワードは正しく設定されているのでしょうか?

今回はキーワードを正しく設定するための指標をお伝えしていきます。

@ホームページの内容とあっているか?
ホームページのアクセス数を増やすことはとても意味があることです。
ただ、それは本来の目的ではありません。

広報のため、集客のため、問い合わせのため、売り上げのためなど
目的はいろいろありますが、ホームページをそれらを実現するためにあります。

そのためには、ユーザー(来訪者)側とホームページ側の需要と供給がマッチしなければなりません。

ホームページのキーワードはそのために存在します。
いうなれば、キーワードは
”そのホームページを一言で表したら...”
です。

そのため、キーワードとホームページの内容を合わせる必要があります。
具体的には、
キーワードは必ずホームページの中からとってきて下さい

最近のSEOの傾向としては、キーワードとホームページの内容が合っていないものは、
上位に行きにくくなっています。

Aキーワードは多すぎない
検索でひっかけるために、
20個も30個もキーワードを設定しているホームページを良く見ます。

あれもこれも設定してしまい、
結局は何のホームページなのか、わからなくなってしまいます。

また、キーワードがあまりにたくさんあると、
一つ一つがそれほど重要でないと判断されてしまいます。
いうなれば、それぞれのキーワードの効力が薄くなってしまいます。

重要なのは何を伝えたいかです。
たくさん伝えたいことはあるでしょうが、重要なものに絞りましょう。


B地名を入れよう
検索する際、言葉とともに地名を入れる場合がよくあります。
例えば、「ランチ 京都」、「レストラン 東京」などです。

店舗さんなどは、来店が目的のため、キーワードに地名を設定することは必須です。

単に都道府県でなく、近隣の地域名にするなど、地域を絞るとさらに効果的です。
「ラーメン 京都」よりも「ラーメン 嵐山」とした方が
検索の上位に来やすいですし、検索結果から集客に結び付きやすくなります。

狭すぎると、検索自体が少なくなってしまいます。
駅名ぐらいがちょうどよい目安ではないかと思います。

C傾向と対策を練ろう
実際のところ、キーワードの設定に絶対はありません。
常にホームページの動向を確認し、必要があれば設定したキーワードを代えていかなければなりません。
いうなれば、傾向と対策が必要となります。

a-spccサービスではクライアント様に
google anayltics」という分析ツールを提供させていただています。



こちらで、検索されているキーワードやどこのページが人気あるか
などを確認することができ、対策案をご提案させていただいております。

※googleのサービスで、a-spcc以外の方でもご利用いただきます。


=========================================

詳しくは お問い合わせください

C&C株式会社
インターネットコンテンツ事業部
フリーダイヤル:0120-66-1717
メールフォームはこちらです

=========================================

と、ここまでが基本の「キ」の部分です。
まだまだお伝えしたいところがありますが、
今回はこれにとどめさせていただきます。

次回はディスクリプション(サイト説明文)の話をします。
以上です。

2017/09/09

本当は簡単!!Googleアナリティクス基本のキ!!

こんにちは。
a-spcc営業担当の谷でございます。

今年4月にGoogleアナリティクスの「ホーム」画面がリニューアルされ、
それに伴うご質問を日々いただいております。

一方で、
Googleアナリティクスと言うと、○○率や××数という言葉がたくさん飛び出してきて、
すぐに頭が痛くなっちゃうというお声があるのも事実です。

そこで今回は、
本当は簡単!!
Googleアナリティクス基本の!!

についてお話ししていきます。



本題に入る前に、

みなさんは、Webページの更新をいつ行うことが多いでしょうか?
朝ですか?昼ですか?それとも、夜ですか?あるいは、何曜日が多いですか?


「お客様の少ないときに、午前中が多いですね。」
「弊社は、金曜の夕方と決まっています。」
「発信する情報があるときだけやってます。」

もちろん、様々な答えがあっていいと思います。
これが正解というものはありませんから。


では、質問を変えます。
みなさんのWebページに最も人が集まるのはいつですか?

「セール告知の直後かな?」
「営業時間中ならまんべんなく?」
「通販は、夜に見る人が多いのでは?」

少し自信がなくなってきましたね。
そうです。
いつでもどこからでもアクセスできてしまうがゆえに、
意外と見えにくいのが、Webページの忙しい時間なのです。



そんな疑問に答えるのが、

「時間帯別ユーザー数」

という項目なんです。
しかもGoogleアナリティクスなら、面倒な操作は使わず、
「ホーム」画面だけで確認できてしまいます。



上の図はリニューアルされたGoogleアナリティクスの「ホーム」画面です。
Webサイトの内容にもよりますが画面右側に9〜12個のカードが表示されています。
この真ん中あたりに表示されているのが「時間帯別ユーザー数」です。
拡大画像はこちら。



この図は、縦軸に時間、横軸に曜日を取り、各時間帯のアクセス数を4段階に色分けして表示しています。
簡単に言うと、色の薄いマスは暇、反対に色の濃いマスは忙しいということになります。
ちなみに、左下の「過去30日間」の部分をクリックすると、集計対象とする期間を自由に設定することもできます。

定期的なメルマガ配信やSNS投稿を行っているご担当者様であれば、
アクセスが多くなる時間帯の前後を狙って配信してみるのもいいかもしれませんね。

また、弊社a-spccサービスの「タイマー配信設定機能」を活用頂くと、任意の時間に更新やメール配信ができます。

情報発信は鮮度が命です。
せっかくの情報発信は、より多くの人の目に届けたいものです。
Googleアナリティクスで手に入る情報は、詳しく観察すると奥深く、
新たな発見が沢山あります。
今後も、皆様のお役に立てる情報をお伝えしてまいりますので、是非お楽しみに。


この記事に関するご質問、ご要望など、
いつでもご連絡お待ちしております。

C&C株式会社 インターネットコンテンツ事業部a-spcc
フリーダイヤル:0120-66-1717