ブログBlog

a-spccをご利用いただいたお客様との出会いや、お仕事の紹介をブログでお届けします。

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新記事

新着記事

a-spccクライアント様

2013.05.17 19:12

 なんでもお作りいたします!

みなさまこんにちは!本日のブログ担当は小泉です!
最近、様々なクライアント様からいろいろな相談を受ける機会が増えました。

a-spccといえばフルオーダーメイドのホームページシステムを制作するサービスです。
ホームページに関するご相談は特に多いのですが、それ以外の制作物ももちろん作らせて頂いております。

パンフレットやカタログ、ショップカード、販促用のPOP等々

この間ですが、私がご担当させていただいているクライアント様から相談のご連絡がありました。
「ホームページをそのままでっかい看板にできますか?」

へ?!

詳しくお話を聞くと、ホームページのTOPページデザインをそのまま大型パネルとして展示会に飾りたいとの事です。

看板制作もお任せください!
素材のサンプルから作成し、イチからお打合せ。
サイズは幅2メートル近く? なるべく軽く丈夫でキレイに出力できるようにご提案、お打ち合わせを重ね、先日ご納品に行ってまいりました。

こちらのクライアント様は京都で精密加工業界の先駆的企業として最先端の技術にチャレンジされておられる株式会社山豊エンジニアリング様。







ホームページデザインはスタッフの方々の写真とメッセージがこめられたデザイン







↓↓↓これを大型看板で制作したものがこちら!↓↓↓



でんっ!!!



早くご納品をしたくて、ニヤつく小泉・・・


私達、a-spccでは様々な制作物もおまかせあれ!いつでもご相談ください!

最近では企業様や各種施設様の業務システム開発もフルオーダーでお作りさせていただいております。

どんな些細なことでも結構です!0からなんでもお作りいたします!まずはお見積もりを!

このブログ記事にご協力いただきました株式会社山豊エンジニアリング様。
ありがとうございました。

ホームページはこちらから↓
株式会社山豊エンジニアリング様ホームページ

最近のマイブーム!

お久しぶりですー!!!!
営業担当の田中です☆

ゴールデンウィークも終わりましたねー。
旅行行かれた方も多かったと思いますが、、、、

国内で旅行に行かれた方!!!


最近の私のマイブームを聞いて下さい(笑)



今年初めからご当地キャラにはまってます。笑


最近有名なのは、くまもんが全国出現してますよね。




くまもんがバンジージャンプをしたときには興奮しました。

いろんな事にチャレンジした結果、くまもんグッズ、、、


なんと!
25億以上売れてます。





ゆるきゃらの域を超えた"営業顔負けの営業力!!!"

尊敬です。


色々ご当地キャラがいるなかで、今一番はまっているキャラクターは、、、



千葉県船橋市のふなっしー!!!!


キャッホーーーーーーーーーーイ!!!!!


びっくりなことに非公認キャラなんです(笑)

非公認って、、、、、、
思うと思いますが、非公認だからこその自由なふなっしーキャラが生きてるんですよ♪
でも他のゆるきゃらと違うことは

とにかく喋る!!!動く!!!!


動きすぎて息切れとかしている姿がGOOOOOOOD!!!


朝のすっきりで加藤浩二さんにおもいっっっきり投げ飛ばされていました。
見てて笑えます☆
お笑い芸人並みに私をわらわせてくれて元気なふなっしーにぞっこん中田中です。

知らない方はぜYOUTUBEで見て下さい☆
あなたを絶対笑わせてくれますよー!!!





さいごに、私の故郷である大分のゆるきゃら

たかもん☆


ゆるきゃらコンテスト196位 / 865位   ですが。。。

高崎山という有名な山にお猿さんが住んでるとこからきてます(笑)
ちなみに田中の実家にも猿が生息中だそうで。
ニュースにもなっちゃいました(笑)




第二の故郷京都のキャラクターは



まゆまろちゃーん♪

まゆっとねー☆

最後はまゆまろちゃんで締めさせて頂きましたー!
そんなこんなで、旅行に行かれた方はどのご当地キャラに出会えましたか?
いい出会いがあったことを願います☆



「ナインドットパズル」という有名な思考問題です。

本日は、趣向を変えて
頭の体操してみましょう。

「ナインドットパズル」という有名な思考問題です。

次のように9つの点が
3行3列で等間隔配置されています。



この点を4本の直線を使って
一筆書きでたどって見てください。

ただし、
同じ点上を二度通ってはいけません。

例えば、このようにすると5本直線が必要です。




こちらでも5本



これを4本で実現してください。
果たして、可能なのでしょうか?













答えは↓↓↓









↓もう少し下です
















答えはこのようになります








わかってしまえば、なんともない問題です。


この問題がわからなかった方、あなたは知らず知らずのうちに
次のような思い込みをしていたのではないでしょうか?



・9つの枠からはみ出てはいけない
・直線の頂点は点上にないといけない
・直線同士が交差してはいけない




こういった思い込みはあなたの自由な発想の妨げとなります。
もっと頭を柔らかくしましょう。




では最後に次の問題も解いてみましょう
次の6本の同じ長さの直線を使って三角形を6つ作ってください



柔軟な思考を持てば、簡単にわかる問題です。

答えは自力で導きだしてください。

それでは失礼します。

▲ページトップに戻る