ブログBlog

a-spccをご利用いただいたお客様との出会いや、お仕事の紹介をブログでお届けします。

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事

新着記事

京都景観賞屋外広告物部門で優秀賞を受賞

こんにちわ!
今日のブログ担当は池田です!(^0^)

先日、京都市より当社C&C株式会社本社ビルの景観が、未来に継承すべき優れた都市景観を称え表彰する、京都景観賞の屋外広告物部門で優秀賞に選ばれ表彰をいただきました。



京都の老舗旅館や老舗の和菓子屋さんが受賞される中、市民の方々や観光客の皆様から京都にふさわしい屋外広告物として推薦いただき、このような受賞を頂きましたことを大変光栄に思います。





今後とも日本を代表する歴史都市京都の、魅力や価値を継承出来る企業として貢献出来れば幸いです。

SEOって難しい!?

こんばんわ
本日のブログ担当は谷でございます。
実は、ブログ初登場です。


サイト運営者の皆様にとっては常に気になるSEO。
先日、とあるSEOセミナーで面白いお話が聞けたので、ご紹介

ズバリ、これだけ覚えましょう!!

『17:2:1』

これは、人が検索エンジンを20回使ったときに、
その目的を3つに分類した比率です。


@ 17⇒何かの調べものを解決するための検索 (例、「京都 観光」と検索)
A 2⇒特定のサイトを訪問するための検索 (例、旅行会社の名前で検索)
B 1⇒購買や問い合わせを意図した検索 (例、「京都 観光 格安」と検索)



この比率から読み取れる事を大まかにまとめると、

人は検索エンジンを、もっぱら調べものや疑問の解決のために使っていて(@)、
あらかじめ何かを買う気で検索する(B)のは20回に1回程度ということです。

(20回に1回でも多い気がしますが...。)

Aに関しては特定のサイト(=アナタのサイト)を直接探しているので無視するとして、
@とBの検索結果を比べてみましょう

@「京都 観光」で検索



B「京都 観光 格安」で検索




ライバル(=広告の数)が多いのはどちらでしょう?



間違いなくBですよね...

けどね、一般的なSEOで注目されてるのもBなんです。
敵が多いところにわざわざ飛び込んでるようなものですよね。

だったら、
ライバルが少ない@で検索上位に出てきた方が有利ですよね?
っていうのが、このセミナーの趣旨。


じゃあ@を狙うにはどうすればいいか??
話が長くなるので、続きは次回です〜〜〜

▲ページトップに戻る