ブログBlog

a-spccをご利用いただいたお客様との出会いや、お仕事の紹介をブログでお届けします。

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新記事

新着記事

お盆に、ちょっと気になるあのネタを・・・

こんにちは!制作の石渡です!!

お盆休みはみなさん、どのようにお過ごしだったでしょうか?
帰省された方とか多そうですね♪
私は家の片付けとか、最終日の日曜には友人とUSJに行ったりと、結構満喫できました!
いやぁ、日曜は雨降るって聞いてたので心配で「雨乞い」ならぬ「晴れ乞い」をやりまくったら見事に晴れました、ありがとう神様!!
でもちょっと晴れすぎたかなぁ。
もうちょっと曇っててくれても良かったかなぁ。
手首にリストバンドしたまま過ごしてしまって、現在、左手首だけ色が白くて気持ち悪いですありがとう神様ぁ!!




さていつもの世間話はここまでにしまして・・・




時期がお盆ということで、
普段はあまり考えない・・・もしくは考えないようにしているような内容に、少し触れてみましょう。



「自分が亡くなった後のSNSアカウントって、どうなるの?」



考えない、とは言っても、やっぱり気になるネタではありますよね。
正直、私にとっても「死ぬ前に抹消したいもの」がパソコン本体とこのアカウントたちが上位です。
本当にもう気恥ずかしいったら(笑)
何なら一緒に燃やしてください (※パソコンは燃えないごみです、リサイクルショップに持って行きましょう)

だからって「PCは中を見ずにそのまま捨てて下さい」とか言っておいても
「なるほど見れば良いんですねわかります」って返ってくるのはわかりきってるしで言えたもんじゃないっ。




実は、SNSアカウントには各社それぞれ、ちゃんとそういった時のサービスが提供されているんです。
今回はSNSで代表的なFacebookTwitterの場合をご紹介します。









Facebook
デスクトップヘルプにこのような内容があります。

アカウント利用解除、削除、追悼

「アカウントの管理」から「アカウント利用解除、削除、追悼」と言うページ。
ここで出てくる「追悼アカウント」という言葉。


・Facebookでは、追悼アカウントへのログインを許可していません。
・追悼アカウントはいかなる場合も変更できません。これには、友達の追加や削除、写真の変更、そのユーザーが投稿したすべての既存のコンテンツの削除も含まれます。
・亡くなられた方のアカウントのプライバシー設定に応じて、友達は追悼タイムラインで思い出をシェアできます。
・誰でも亡くなられた方にプライベートなメッセージを送ることができます。
・亡くなられた方がシェアしていたコンテンツ(写真、投稿など)はFacebookに存続し、それをシェアしていたユーザーが引き続き見ることができます。
・追悼タイムラインは、[知り合いかも?]の提案や、誕生日のお知らせなどの公開スペースには表示されません。
・追悼アカウントのみが所有していたグループは、新しい管理者を選択できるようになりますが、FacebookページはFacebookから削除されます。

(デスクトップアカウント>アカウント管理>アカウント利用解除、削除、追悼>追悼アカウント 回答内容 参照)



Facebookを、亡くなられた方のメモリアルとして利用する、ということですね。
ご希望の場合は「削除」することも可能なようです。
申請は遺族が行うことになりますので、Facebookのアカウントがあることを伝えていない場合は言っておくほうが良いかも知れませんね。







Twitter

亡くなられたユーザーに関するご連絡


ヘルプから「ポリシーと規約違反」にある「違反報告」の中に、この項目があります。
これは、遺族や友人がアカウントの削除依頼を行える、というサービスですね。







さて、今回はちょっと暗いネタになってしまいましたが、いかがだったでしょう?
知っていても損は無いのではないでしょうか?

個人的に思ったのは「当たり前だけど、ペンネームで、しかも知り合いの誰にもアカウント教えてない人は、無理だねこれ・・・」でした。
せめて、アカウント名をメモしたものを机の下とかに忍ばせとけば、気付いてもらえるんじゃないかとか・・・
そんな仕組み考えるくらいなら言っとけば良いんでしょうけどね(笑)


ですが、こうやってちゃんとユーザーのことを考えてサービスを組まれているのは、とてもありがたいことですし安心できますね。
SNSのようなカタチのないインターネットサービスだからこそ、こういった細かい部分まで考えられているんですよね。
勉強になります!

情報収集をもっと!したい方必見

こんにちは´ω`)ノブログ担当の金澤です。

最近ゆっくり家でニュースをみる機会が減り、ちょっと話題に困ったり、情報を知らなくて話についていけない!!ってということが

ありますが皆さんはいかがですか


今いったい何がはやっているのかn(ー_ー?)ン??


世の中はどうなってるの(*´д`)?? ?


ってことが少しの時間で情報収集できたら便利ですよね。


ここで( ̄ー ̄)ニヤリ

ちょっと便利なアプリご紹介します。


3分程度で話題のニュースをさくっとまとめ読みできちゃうという 『グノシー』 というアプリです。





その中でこの時期必見!!!
の記事発見(‘U’)!!

来週からお盆で旅行や帰省、遊びなどで困るのが
wi-fi環境ですよね♪

この記事を活用して皆様素敵な休日を過ごされては
いかがでしょうか?

「どこでもWi-Fi活用術」


外出が多い人にはもってこいですよね〜

是非!お試しあれ☆!!!

そして良い休日をお過ごし下さいませ(・U・)

インターネット広告

2014.08.01 21:29

無料で使えるファイル・データ転送WEBサービス

こんばんは!

みなさん。今までメールに画像や資料などのデータを添付して相手に渡した事などございませんか?


きっと一度はあるでしょう!!


ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、メールに添付して送っても良い容量は多くても3MBぐらいまでなんです。

それ以上はエラーでメールが送れなかったり、もし送れたとしても相手のサーバーに負荷をかけてしまい、知らないうちに迷惑をかけてしまっている可能性もあります。


そこで今回は、複数の画像、資料やoffice系など大容量のデータを相手にスムーズに受け渡しができる、ファイル・データ転送WEBサービスをご紹介致します!







[ firestorage ]
http://firestorage.jp/
・個人的オススメ度:★★★★★
・容量制限:1ファイル250MB
・データ保存機関:最長7日( 無料会員 )

未会員・無料会員でもデータ転送のみであれば十分便利に活用することができます。操作手順む簡単で、私もよく利用しています。
また、有料会員になれば様々な機能が解禁されてもっと便利に!





[ Giga File便 ]
http://gigafile.nu/
・個人的オススメ度:★★★★
・容量制限:個数無制限 5GB
・データ保存機関:7日

他の転送サービスとの一番違いは、容量制限が無料で5GBなところでしょうか!
たくさんの画像やPDFなど、一括でいろんな重いデータを相手に送りたい時に凄く便利です。




[ 宅ふぁいる便 ]
http://www.filesend.to/
・個人的オススメ度:★★★
・容量制限:50MB (会員登録後は300MBまで)
・データ保存機関:3日

無料の範囲で「開封通知」「ダウンロード通知」機能を使用できるのが大きいポイント!
送信先の相手が「メールを見てくれたか?」「ダウンロードしたかな?」の確認ができるので、
お互いに安心して使う事ができます!



今回、この3サイトが転送系サービスの中で利用ユーザが多く、 有名どころですのでご紹介させて頂きました。


簡単に各サービスを使用する流れは、
@ : データ転送サービスのサーバーにファイル・データをアップロード
A : 指定のURLが発行される
B : Aで発行されたURLをメールで相手に伝える
C : URLからデータをダウンロード



はじめて使われる方は難しく感じられるかもしれません。

でも!使い方を覚えてしまえばスムーズなデータの受け渡しが可能になり、
お互いの作業効率にも繋がるので積極的に活用してみて下さい!

▲ページトップに戻る