格安(初期費用無料)のパソコン&スマートフォンのホームページ制作・ECサイト制作インターネットツール・新時代商売繁盛ツール・a-spcc(エースペック)-大阪・京都|C&C株式会社

a-spcc Blog エースペックブログ

カレンダー
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
  1. HP・ブログ・SNSで「使っていい写真」と「使えない写真」の見分け方
  2. 研修会をしてきました♪
  3. 似顔絵などイラストのご発注を頂く機会が増えました!
  4. グーグルデジタルワークショップを受講してみた!
  5. カナート洛北様のホームページにて
    ハロウィンラッピング実施中!
  6. ホームページを更新したのに反映されない時の対処法
  7. 綺麗なホームベージは効果があるのか
  8. ホームページの検索キーワードは正しく設定されていますか?
  9. ホームページで上手にinstagramを取り入れているサイト5選!!
  10. Flashが……サービス終了!?
カテゴリ
アーカイブ
2017/10/26

グーグルデジタルワークショップを受講してみた!

こんにちは!WEBディレクターの池田です。

みなさん「グーグルデジタルワークショップ」をご存知でしょうか?


【グーグルデジタルワークショップとは 】


デジタルマーケティングの基礎をわかりやすく学び認定証を取得できるグーグルの公式無料プログラムです。
検索エンジンの仕組みオンライン広告ソーシャルメディアの活用方法など、インターネットでビジネスをする上で必要な知識を幅広く習得することができます。

先日、たまたま友人がこのデジタルワークショップをSNSで紹介していたので、私もかる〜い気持ちでスマートフォンを片手に受講してみたのですが、、、



まさかのまさか


気が付いたら休日を丸1日費やしてしまいました…( \ \ ;)



【デジタルワークショップ学習メニューの目次】
デジタルワークショップには23の学習メニューがあり、それぞれの学習メニューごとに動画レッスンを受けることができ、理解度をチェックするテストを受け、各テストに合格するとこのようなバッチを取得できるのでゲーム感覚で楽しみながら出来ます♪



1.インターネット上でのビジネス機会
2.オンラインで成功するための第 1 歩
3.ウェブサイトの活用
4.メールマガジンの活用
5.検索エンジンへの対応
6.検索で見つけてもらう方法 (SEO 第 1 章)
7.検索の有効活用 (SEO 第 2 章)
8.検索連動型広告で情報を伝える方法 (検索連動型広告 第 1 章)
9.検索連動型広告の改善 (検索連動型広告 第 2 章)
10.ウェブサイトの分析の始め方 (ウェブサイトの分析 第 1 章)
11.ウェブサイトの分析の活用方法 (ウェブサイトの分析 第 2 章)
12.実店舗ビジネスのインターネットの始め方 (実店舗ビジネス 第 1 章)
13.実店舗ビジネスのインターネット活用方法 (実店舗ビジネス 第 2 章)
14.ソーシャル メディアの始め方 (ソーシャル メディア 第 1 章)
15.ソーシャル メディアの活用方法 (ソーシャル メディア 第 2 章)
16.携帯電話 (スマートフォン) の可能性について
17.携帯電話 (スマートフォン) 向け広告
18.ディスプレイ広告の始め方 (ディスプレイ広告 第 1 章)
19.ディスプレイ広告の活用方法 (ディスプレイ広告 第 2 章)
20.動画の有効活用
21.e コマースの構築
22.インターネット上での販売促進
23.海外への展開


【これから受講される方にむけて】
全ての学習プロプラムを受講するのに少なくとも4〜5時間ほどかかるので、1日5講座を4日ぐらいに分けて受講することがオススメです。

私は朝9時からスタートして、途中で出かけたりしながらでしたが、最終試験にたどり着いた時には22時を回っていました(^^;)

最終試験に合格するとこんな認定証を貰えます♪


認定証を取ることが目的ではありませんが、WEB担当者ECサイトの運営者インターネット広告ホームページ制作に携わる人には受講をオススメします。

この学習プログラムは日々変化し続けるインターネット環境の中で、今の時代に必要なデジタルスキルの基礎を身につけることが出来ると感じました。


日々勉強、日々成長、自分の価値は自分で創れるように日々精進していきます。




グーグルデジタルワークショップに興味がある方はこちらから
https://learndigital.withgoogle.com/digitalworkshop-jp
2017/10/17

カナート洛北様のホームページにて
ハロウィンラッピング実施中!



こんにちは!そしてトリック・オア・トリート!
日頃はa-spccをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

10月のイベントといえばハロウィンですよね。
今回は、イベントに合わせてハロウィン風にラッピングいたしました、
「カナート洛北様」のホームページをご紹介させていただこうと思います。

ラッピングその1
ホームページに訪れると
キャンディーとパンプキンが降り注ぎます。




ラッピングその2
ページをスクロールすると
どこからともなく幽霊が出現します。




ラッピングその3
ホームページを見ていると時々
魔女がほうきに乗って横切っていきます。




まとめ

いかがでしたでしょう?
季節やイベントに合わせてホームページに変化があると見ていて楽しいですよね。
うちでも何かやってみたいという方は是非ご連絡ください!
もちろん、お客様のホームページにぴったりのデザインで作成いたします。


お問い合わせ

C&C株式会社 インターネットコンテンツ事業部
フリーダイヤル:0120-66-1717


カナート洛北様では
10月31日までハロウィンキャンペーンを実施中!

↓ホームページにアクセスして詳細をチェック!
http://www.qanat-rakuhoku.com/
2017/10/16

ホームページを更新したのに反映されない時の対処法

ホームページを更新したのに反映されない時の対処法


こんにちは。制作部の江口です!
本日は「サイトを更新したのに、反映されない問題」の対策法についてお話しします。

たまに「サイトを更新したのに、再読み込みしても新しい情報が出てこない」ということを、経験したことはありませんか?
また、サイトの情報更新を依頼して「更新しました!」と連絡がきたのに、サイトを見ても反映されていなかったことはありませんか?

詳しい人に聞いても、
「実はそれ、キャッシュのせいです。時間が経ったら見れますよ」
……と言われても、

なにそれ?タイムラグ?専門用語使うなよ〜! って感じですよね(-_- ;)


キャッシュとは

キャッシュとは、ブラウザ(Internet Exprolerなど)で利用されている仕組みで、処理速度を上げるためのものです。
一度見たページの情報をパソコンに保存しておき、次にそのページを見たときに保存している情報を読み込むことで、表示速度を速くする仕組みをキャッシュといいます。

その結果、なにが起きるのかというと、
次に見たときにも最初に見たサイトの内容が表示される(更新された情報が表示されず、古い情報がそのまま残ってしまう)
ということなんです。

最近のバージョンでは、読み込み高速化のためキャッシュが残りやすくなっています。
何度更新しても、頑固にキャッシュを読み込んでしまうこともあります。




「強制読み込み」をしてみよう

最新の方法を個別に調べてみました!

強制読み込み|Windows|Edge|Internet Exproler|Google Chrome|Fire fox|Mac|Safari|Opera|2017年

よく使うブラウザで試してみてくださいね。
若干、読み込み速度が遅くなりますが、更新作業のときには非常に役に立ちますよ!
ぜひメモしておいてください。


それでもダメな時は

別のブラウザで見てみるとうまく表示できる場合があります。
(例)普段Internet Exprolerを使っている場合は、FireFoxで見てみる など
2017/10/12

綺麗なホームベージは効果があるのか

初めまして!
a-spccマーケティングセクションのさっくんです!

今後、お客様に少しでも喜んで頂ける様な情報を
僕が、人生初の試みとして発信させて頂く事になりました!

とはいえ初ブログです、、、んー何を話題にしようか悩んでしまいます、、、



ネタを探しながらマウスをカチカチしているとこんな記事を発見


2017年 ホームページの最新トレンド



おっこれは面白そう

ふむふむ

なるほど




これだ!!





という事で今回は、2017年ホームページのトレンドから
綺麗なホームページは効果があるのか!?』をテーマに
書かせていただこうと思います!


よくお客様とお話しさせて頂いているとこんなご意見を耳にします。


「デザインを綺麗にしたいんです」

「デザインが古いからね…..」

「デザインを新しくしたいんです!」


やっぱりどこの企業様もデザインを一新していきたいと考えておられる
ところが多いんですね、、、


僕自身、デザインは今の時代本当に大切だと思います
調べごとをしている時もパッとみて「見にくいなこのサイト...」
ってなることも実際にあるんですよね、、


ただ、今回「実はそうじゃないのかも、、」と感じてしまう出来事がありまして、


というのも、入社して約1年半になるんですが、
体重が5kg増えたのをきっかけに
フィットネスクラブに行く事にしたんです


近くのフィットネスジムのホームページを調べていると
結構どこの企業様も綺麗に作っておられます(。・・。)


でも、気づいてしまったんです、、


「知りたい情報がどこにも載っていない。」


さてここで本題に戻ります。

僕自身、お客様にホームページのご提案をさせて頂く時、
「同業他社のこんなデザインのサイトがありましたよ」と
ご提案させていただくことがあります。

「そりゃデザインで困ってるんだから当たり前だろっ」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません


もちろんデザインのご提案もさせていただきます。
ただ本当にホームページを使って効果を出すためにはこれじゃダメなんですよね


ホームページを使って会社の戦略をどう形にしてくのか


ホームページを閲覧するユーザーがどんな情報を欲しているのか


ここが肝心なんです!!
いくらデザインが綺麗で見やすく、情報が整理されていても
問い合わせにつながらなかったり、ホームページを制作した時の
目的を達成できないという結果になってしまう要素の一つになっているんです。

ただ、これを達成する為に何をどうして行けばいいのか分からないなど
企業様ごとに求めておられる課題は様々です。


だからこそ、その課題に対して、もっとも適した改善方法で提案していくことが
僕たちの使命だと考えています。
また、ホームページを作るのはあくまで通過点!


僕を含め弊社では、ご訪問させて頂く企業様のウェブスタッフに
なったつもりで親身になりながら、また御社のお客様になった時、
こんな情報が欲しいといった客観的目線を持って結果的に
「いやー、本当に頼んでよかった」とご満足いただけるように日々
取り組ませていただいておりますので今後とも宜しくお願いします。


お恥ずかしながら最後まで読んで頂いたお客様本当にありがとうございました!

2017/10/11

ホームページの検索キーワードは正しく設定されていますか?



今回はキーワードの話です。
日々、ホームページがyahooやgoogleから検索されるよう、
キーワードを設定されているかと思います。

果たして、そのキーワードは正しく設定されているのでしょうか?

今回はキーワードを正しく設定するための指標をお伝えしていきます。

@ホームページの内容とあっているか?
ホームページのアクセス数を増やすことはとても意味があることです。
ただ、それは本来の目的ではありません。

広報のため、集客のため、問い合わせのため、売り上げのためなど
目的はいろいろありますが、ホームページをそれらを実現するためにあります。

そのためには、ユーザー(来訪者)側とホームページ側の需要と供給がマッチしなければなりません。

ホームページのキーワードはそのために存在します。
いうなれば、キーワードは
”そのホームページを一言で表したら...”
です。

そのため、キーワードとホームページの内容を合わせる必要があります。
具体的には、
キーワードは必ずホームページの中からとってきて下さい

最近のSEOの傾向としては、キーワードとホームページの内容が合っていないものは、
上位に行きにくくなっています。

Aキーワードは多すぎない
検索でひっかけるために、
20個も30個もキーワードを設定しているホームページを良く見ます。

あれもこれも設定してしまい、
結局は何のホームページなのか、わからなくなってしまいます。

また、キーワードがあまりにたくさんあると、
一つ一つがそれほど重要でないと判断されてしまいます。
いうなれば、それぞれのキーワードの効力が薄くなってしまいます。

重要なのは何を伝えたいかです。
たくさん伝えたいことはあるでしょうが、重要なものに絞りましょう。


B地名を入れよう
検索する際、言葉とともに地名を入れる場合がよくあります。
例えば、「ランチ 京都」、「レストラン 東京」などです。

店舗さんなどは、来店が目的のため、キーワードに地名を設定することは必須です。

単に都道府県でなく、近隣の地域名にするなど、地域を絞るとさらに効果的です。
「ラーメン 京都」よりも「ラーメン 嵐山」とした方が
検索の上位に来やすいですし、検索結果から集客に結び付きやすくなります。

狭すぎると、検索自体が少なくなってしまいます。
駅名ぐらいがちょうどよい目安ではないかと思います。

C傾向と対策を練ろう
実際のところ、キーワードの設定に絶対はありません。
常にホームページの動向を確認し、必要があれば設定したキーワードを代えていかなければなりません。
いうなれば、傾向と対策が必要となります。

a-spccサービスではクライアント様に
google anayltics」という分析ツールを提供させていただています。



こちらで、検索されているキーワードやどこのページが人気あるか
などを確認することができ、対策案をご提案させていただいております。

※googleのサービスで、a-spcc以外の方でもご利用いただきます。


=========================================

詳しくは お問い合わせください

C&C株式会社
インターネットコンテンツ事業部
フリーダイヤル:0120-66-1717
メールフォームはこちらです

=========================================

と、ここまでが基本の「キ」の部分です。
まだまだお伝えしたいところがありますが、
今回はこれにとどめさせていただきます。

次回はディスクリプション(サイト説明文)の話をします。
以上です。

1 2 →