Blogブログ

a-spccをご利用いただいたお客様との出会いや、お仕事の紹介をブログでお届けします。

ピックアップ

2021.08.02

【メールのよくある困り事】なりすまし・迷惑メールの見分け方&対策方法

【メールのよくある困り事】なりすまし・迷惑メールの見分け方&対策方法

こんにちは!
今回はなりすまし・迷惑メールについてのお話です。
迷惑メールは、別の企業になりすましてユーザーへ偽のメールを贈り、アカウントの乗っ取りや個人情報を抜き取られる事があります。※フィッシングメールとも言われます。

blog画像

名前や内容も似たようになメールが来た場合はどうやって判断すればいいのでしょうか?
そこで今回は、迷惑メールを見分ける方法をいくつかご紹介します!


なりすまし・迷惑メールを見分けるポイント

1.メール内容に心当たりが無いか?
最近よく見かけるのが、通販サイトやカード会社になりすましたメールです。
不正ログインサービス解約などのメールが来た場合、サイトやアプリからログインして確認してみましょう。
また、メールに記載されているURLからはログインしないように注意してください。
メールの内容に心あたりがない場合は、対象のメールを削除することをおすすめします。

[よくある迷惑メールの一例]
迷惑メール 例画像1


2.送信元メールアドレスは正しいものなのか?
送信元メールアドレスが、ランダムな英数字だったり、本来のドメインとは違うものが書かれている場合はなりすましメールの可能性があります。
下記例のように、差出人の名前とメールアドレスの正合成が確認できないメールは削除しましょう。

迷惑メール 例画像2

最近では、メールアドレス箇所を本来のドメイン名で偽装している場合もあります。
上記以外の例も増えつつあるので、各サービスの公式サイトで記載されている送信元メールアドレスの確認をしておきましょう。

[Amazon公式サイト]
AmazonからのEメール、電話、テキストメッセージ、またはウェブページかどうかを見分ける


3.メール本文中の文法はおかしくないか?
メールに書かれている文章が不自然なものや途中で途切れていたりなど、文法をみて判断することもできます。
こういった迷惑メールは海外から送られてくる事が大半です。

迷惑メール 例画像3

例のように、不自然な日本語や途中で途切れている文章などは迷惑メールの可能性が高くなります。
文章は見落としがちですが、ヒントが隠れているので確認するときの参考にしてみてください。


迷惑メール対策方法

ではこういった、迷惑メールはどうやって回避するべきなのでしょうか?
不審なメールには返信しないは事はもちろん、推測されにくいメールアドレスを使用したり、メールアドレスを公開しないようにする事が大切です。
そして、迷惑メールに記載されているURLにアクセスしたり、添付されているファイルは決して開かずに削除しましょう!
添付ファイルからパソコンがウイルス感染してしまい、データが消えてしまうこともあります。

blog画像

企業様でメールアドレスを公開している場合は、迷惑メール設定をメールソフト側で行いましょう。
各メールソフトで設定ができるようになっているので、利用されているメールソフトの公式サイトで確認してみてくださいね!

[ 各メールソフトの迷惑メール設定方法 ]
Gmailでの設定方法
Outlookでの設定方法
Thunderbirdでの設定方法


まとめ

いかがだったでしょうか?
コロナ禍で通販の利用やメール・チャットでのやり取りが増えたかと思います。
個人情報は自分で管理・守る事しかできません。
詐欺を未然に防ぐためにも、心当たり無いものや不審なメールは削除するように心がけましょう!

各通販サイトでは、過去の事例や見分け方が掲載されています。
こちらも参考にしてみてください。

[外部リンク]
【ご注意ください】楽天を装った不正関連の事例について
Yahoo!ショッピングをかたる詐欺にご注意ください